俺の作詞道 ~其の七『桃太郎』水曜のカンパネラ~

      2017/07/24

私、39歳のオッサンなんですけど、なるべく流行もキャッチアップしようと

若い人の音楽もたまに聴くようにしております。

最近気になったのが「水曜のカンパネラ」

歌唱担当のコムアイさんの独特な存在感に幻惑されて、

気になったのでイベントに出演していたのを観に行きました。

コムアイさんの空間把握力は非常に凄みありましたよ。

変幻自在の予測不能な動き、終始目が離せませんでした。

出番の最後には会場からはみ出し脚立の上に乗って(!?)、

その存在を周辺にアピールしておりました。

 

『桃太郎』この曲の歌詞はPCエンジンなどの往年のゲームなどが

モチーフになっております

正に30~40代のオッサンホイホイな楽曲です。

水曜のカンパネラのコアなファン層を考えると、

世代とサブカル感がドンズバで見事なターゲッティングです。

歌詞の内容自体おフザけ感満載なのですが、

後半は切なさや哀愁も含ませており

グイグイとその世界観に引きこまれます。

身体がグルーブして思わずサビの

”キヴィダーンッ キヴィキヴィダーンッ”の振りを一緒にやりたくなりますね。

 

因みに「桃太郎」はトラックメイカーのケンモチヒデフミさんの作詞ですが、

バックトラックもかなりクールでいいんですよ。

T.HASE拝。

 - 音楽, 俺の作詞道, コラム_T.HASE