俺の作詞道 ~其の八『川の流れのように』秋元康~

   

秋元康さんの詞についてはイチローと同様で

膨大なヒットの本数(と売上)があるので

評価の枠組に収まらない高みに達しています。

秋元さんの作詞で一番好きなのは

中島美嘉の「will」です。

秋元康

 

美空ひばりさん「川の流れのように」ですが、

サビの一番印象的なアタマの部分の歌詞が

「あぁ~」なのが当初少し疑問でした。

音の跳躍が大きく目立たせたい箇所なので

通常は印象的な歌詞を持ってくるところです。

あぁ

 

同じようにサビ冒頭で2つの音の跳躍幅が広い

レミオロメン「粉雪」

「こなぁ~ゆきぃ〜

かなりいびつな言葉を持ってくることで

印象的なフレーズにすることに成功しています。

 

秋元さんはみんなで歌える唱歌のような曲

作りたかったのではないかと推測してみました。

「あ」平仮名で一番分かりやすい・歌いやすい言葉をもってきて

誰もが思わず口ずさんでみたくなる

フレーズにしたかったのではないか、と。

 

その後の歌詞も、母音は”あ”が続きます。

”あ”は喉が開いて音が広がるので、言葉がよく響きます。

かわのながれ

そして「ゆるやかにぃ〜」

ここのメロディと言葉のマッチングが抜群です。

微妙なピッチ(音程)のゆらぎが

川面のせせらぎを上手く表現しているように聴こえます。

同様に2番の「おだやかに〜」も絶妙です。

 

「川」をモチーフとした

AKB48「RIVER」をアンサーソングと捉えると

面白い構図が浮かび上がってきます。

「川の流れのように」では「川」が

身をまかせるものであるのに対して(Let it beの精神)、

「RIVER」では「川」が人生の試練を象徴しており

困難に立ち向かっていく主人公の姿が描かれています。

人生に対する捉え方の移り変わりが

2つの曲で面白い対比となっていますね。

T.HASE拝。

 - 音楽, 俺の作詞道, コラム_T.HASE