『スター・ウォーズ フォースの覚醒』最高の満足度と、唯一の不満。

      2016/10/13

昨年末は『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒

フィーバーしておりました。

劇場に3回足を運びましたが、一旦総括して

スピンオフ作品の『ローグワン』、次回作のエピソード8を

楽しみに待ちたいと思います。

(以下、ネタバレを若干含みますのでご留意ください)

 

◎J・Jエイブラムス監督、よくぞ当ててくれた。

絶対に結果を求められる打席

スタンドに放り込んだ力量に感服しました。

これで以降の作品にもしっかりと予算がつきますし

存分にSWワールドを楽しめる礎が出来ました。ありがとうJJ!!

映像は最高に格好良く、CGっぽさはほぼ皆無。

JJエイブラムス監督の撮り方が好きで

カメラもダイナミックに動かしますし、

一番観たい画を確実に抑えてくれます。

 

最後のライトセーバー戦は

冷たく降り積もっていく雪と、

焼き付くライトセーバーに滴る汗の対比が

臨場感を誘い印象に残るシーンとなっていました。

エピソード1~3は神話世界のイメージでしたが

今作は全体に汚しが効いていてザラザラした質感で

より人間臭さのある演出で心ざわつきました。

 

◎キャスティングがよかった。

単純なルックスの良さでなく、ずっと見ていても飽きない

魅力を備えた俳優陣のチョイスが絶妙でした。

他出演作のイメージが無いため先入観なく楽しめましたし、

デイジー・リドリーのすっかりファンになってしまいましたよ。

ポーダメロンのXウィングによる見せ場が

もう少し見たかったのでエピソード8に期待です。

旧三部作出身のハリソン・フォード、

キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル(ちょい役でしたが)も

作品に重厚感を加え、新キャストとの融合も絶妙なバランスでした。

 

×唯一の不満…

カイロレンが厨二病すぎ

悪役の存在感が重要なのに

駄々っ子のようなキレっぷり

非常に残念クンでした。

マスクや十字架のライトセーバーなど

見た目が格好良かったので

実際のキャラとのギャップが大きかった…。

エピソード7、何か色々と既視感があるなぁと思っていたところ

 

電通のコピーライター:田中泰延さんの映画コラムを読んで合点がいきました。

エピソード7=Zガンダム

ということか。

※以降はガンダムをみてないとほぼ意味が分かりません

「反乱軍のレジスタンス」=「反地球連邦組織のエゥーゴ」

「蟄居してるルーク」=「幽閉されたアムロ」

EP8_1

 

そうすると、貧弱なカイロレン

Zガンダムのキャラクターで共通してるのは

ジェリド・メサです。

EP8_2

Zの前半の物足りなさが

主人公カミーユのライバルである

ジェリドの存在の耐えがたき軽さ

起因していた事を思い出しました。

木星帰りの男・シロッコが台頭してきた辺りから

Zも面白くなってきましたからね。

 

あとカイロレン、マスク取り過ぎ 

「逆襲のシャア」でシャアが素顔のシーンが多く

神秘性がやや薄れた感があったのと同じくで

マスクはあまり脱ぐべきでなかったのが私見です。

帝国の逆襲での見せ場のシーン、

「NO, I am your father」

ダースベイダーがマスクを脱がなかった演出

適切だったと改めて思いました。

 

エピソード8でカイロレンの敵役としての成長、

もしくは新たな難敵の登場に期待です。

あと、世界観のデザイン的なジャンプも

もう少し見てみたいですね。

 

『ローグワン』のティザー映像が公開されましたが

非常に面白そうです、年末まで待ちきれません。

スピンオフ作品なので自由度が高いでしょうから

JJもちょっと羨ましく思っているのではないでしょうか。

T.HASE拝。

 - 映画, コラム_T.HASE