俺の作詞道 ~其の十『最&高』きゃりーぱみゅぱみゅ~ ブレない中田ヤスタカのキャッチーさ。

      2016/10/12

きゃりーぱみゅぱみゅの最新シングル『最&高』

『最&高』という言葉使いのセンス最高じゃないですか!?

熟語の間に”&”を挟む発想が斬新過ぎる。

恐るべし中田ヤスタカ氏のコピーライティング技術

 

”サイエンコー♪”思わず口ずさみたくなるフレーズです。

『にんじゃりばんばん』なんかも、

”にんじゃ”と”ばんばん”の間に

”り”(特に意味がない)が入ることで

語感の響きが成立しております。

『にんじゃばんばん』だとちょっとダサい。

 

終始、コーラスは『最&高』で押し切っています。

通常、飽きがこないように

例えば『High & Low(ハイエンロー♪)』など

違う歌詞をもってくるところです。

割り切ってループさせており、むしろ清々しいです。

 

プリント

繰り返しではあるのですが、

1回目の『最&高』はコーラス、

2回目『最&高』は一節の中に組み込まれており

微妙に機能のさせ方を変えているのがミソです。

 

そして大サビの部分で

メロディはそのままに、コード進行を変えることで

ミニマムミュージックとしての面白さも加味しております。

子どもからオトナまで楽しめるアンセムになっていますね。

 

中田ヤスタカ氏は作詞・作曲・編曲からミックスまで

(capsuleに至ってはアートディレクションまで!)

クリエイティブ全般に携わられております。

その上で制作のペースが全く落ちない

バイタリティは本当に恐れいります。

T.HASE拝。

 - 音楽, 俺の作詞道, コラム_T.HASE