ガンバ大阪、2016終戦。10.1 vsレッズのテレビ観戦レポート。

      2016/10/13

Gマンガ_0902
戦う姿勢に明確の差異があった浦和とG大阪/J1リーグ第2ステージ第14節

[10.1 J1第2ステージ第14節 浦和4-0G大阪 埼玉]

ここまで完膚無きまで叩きのめされるとは思わなかった。

ガンバはここ近年、レッズには相性が良かった。

レッズが攻め込み、それをガンバが受け止めてカウンターを仕掛ける展開。

予想通りの試合展開だったが早い時間帯に、

美しい崩しから高木俊幸(以下、敬称略)の先制ゴールが決まる。

アシストした武藤雄樹、すごく動きが良く

2点目のゴールも力強い中距離砲だった。プレーが重くて速い。

 

レッズの圧倒的な運動量、球際の強さ押し込まれるガンバ

覇気が感じられずどちらが挑戦者か分からない。

苛立ちがつのったか、再三複数の選手がラフプレーに及び

アデミウソンはレッドカードで退場。

2点差で10人となった時点で、観るのを止めてしまった。

8月のJ1月間MVPの長沢も一度ペナの中でキレのある反転を見せたものの

シュートが撃てずほぼノーチャンス。

 

2016年は吹田スタジアム元年ではあったが、夏場に選手の補強もなかった。

クラブ全体に、予算の都合なのか絶対に優勝を狙いに行く、

という明確な姿勢は感じられなかった。

 

一方、レッズであるが李忠成、ズラタンらがベンチに控える選手層の厚さ。

愚直なまでにハイプレス・攻撃的サッカーを貫いてる

ペトロヴィッチ監督に拍手を送りたい。

チームの完成度は非常に高く、現段階では日本代表よりも強いようにすら映る。

いつも思うのだが、Jリーグでトップを走るチームをベースに

代表のメンバーを組み立てるという考え方は無いのであろうか。

 

ガンバは得意とする天皇杯を手中に収めて弾みをつけて

2017年が良い年になるよう、しっかりと切り替えてもらいたい。

井手口、堂安、西野など若手で良い選手が少しずつ頭角を表しているので

ポテンシャルは充分にあると思われる。

T.HASE拝。

 - イラスト・漫画作品, スポーツ, コラム_T.HASE