サッカー日本代表、ホームでイラクに辛勝。心・技・体 ⇒ 体・技・心

      2016/10/12

劇的勝利のイラク戦をどう見るべきか?なりふり構わぬ戦い方で手にした勝ち点3

山口蛍(以下、敬称略)のゴールでなんとか首の皮一枚繋がった格好。

同点に追いつかれてからのボランチの入れ替えで

山口蛍の起用も疑問ではあった。

 

香川がスタメンから外れ、身体が重そうだった本田も途中交代。

徐々にではあるがアンタッチャブル(常にレギュラーが保証されている選手)は

無くなりつつある。

 

清武は中央の方がサイドより生きることは明白となった。

プレシャーがあっても落ち着いてボールを扱える。

今後は香川との熾烈なポジション争いとなるのではないか。

 

原口は前の試合から引き続き、好調を維持。

終盤でも果敢にドリブルで切り込んでいく姿は頼もしく映った。

今、代表で一番ノッているプレーヤーである。

 

心・技・体  とはよく言うけど、私はむしろ

体・技・心 が重要な順序だと考えている。

特に日本代表レベルであれば『心』が整っているのは前提条件である。

本田なんてメンタルの強さで言えば世界トップクラスである。

コンディション・体調がよくないと、

パフォーマンスは落ちる。メンタルは確実に萎える。

あと一歩、足が先に伸びるかは身体の調子次第なのである。

 

現時点で、勢いのある選手を積極的に起用してもらいたいところ。

が、次はアウェイのオーストラリア戦と最大の難所である。

手堅い打ち手に終始するか、強気な姿勢を示す事ができるのか

ハリルホジッチ監督の手腕が問われる一戦となるであろう。

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE