『むだ死にしない技術(堀江貴文著)』を読んで一層、予防医療の大切さを胸に刻む。

   

『むだ死にしない技術(堀江貴文著)』読了。

健康である為に、できる限りの予防線は貼っておきたい

 

私も30台後半に網膜剥離で手術しまして

幸いにも失明せず現在に至りますが、健康のありがたみを痛感しました。

今日明日で死ぬということは現実的でないかもしれませんが、

歳を経ると部分的な死はかなりの確率で訪れます

 

「健康」は人生の目的ではない。

しかし、第一の条件なのだ。(文中より引用)

うちの父方のおじいちゃんは100歳以上生きましたが、

『おばあちゃんは何も努力せずに90歳でも元気に生きているけど、

自分は努力しないといけない。』といった主旨の事を述べていました。

人生の第一条件を満たすために

ある程度の時間を割いて、健康を維持する為の積み上げは必要です。

 

ピロリ菌の除去について

何年か前に、胃潰瘍が原因ピロリ菌については薬で除去しました。

身体の感覚が変わった訳ではないですが、気持ちは晴れる

胃腸があまり強い方ではない為に、

禁酒することにしました。

少量でもお酒を飲むと胃が痛くなっていた為です。

因みに、お酒でやらかした墓場まで持っていくエピソードは2つほどあります

 

食事の量やタイミングも気を使っており

最近は胃が痛くなる/重くなることはほぼ無くなりました。

 

ピロリ菌がなければ、憂い無し。

 

ストレスから解放される

人体へのメンタルの及ぼす影響は計り知れない。

ストレスは、「むだ死にしない」ために最も避けるべきことだ。

自分の何かを犠牲にして生きるのは、やめたほうがいい。(文中より引用)

自分が100%納得したことしかやらないことにしております。

ですので、例えば今頂いてる仕事についてはストレスは微塵も無いため

1ミリの妥協もなくご満足度を最大限高めた上でお返ししていきます。

 

歯医者に行くべきである

歯痛が耐えきれず歯医者に渋々行くことにして

しばらく通院しておりました。

あと1本、親知らずの抜歯が残っていますが(仕事に影響が出ない年末に行く予定)

歯を治しておいて本当によかったと思います。

皆さん、歯医者にレッツゴーです

噛み合わせも良くなり食べ物を噛む回数も増える

こまめに歯磨きするようになりケアへの意識が高まる、などメリットは計り知れません。

胃痛が減ったのは消化が良くなったのも遠因としてあると思います。

本当は歯の矯正も行いたいのですが、現状手が出せません。

作中であるような、よりカジュアルな歯科矯正が日本で実現することを願います。

 

口呼吸をやめて鼻呼吸にしたい

鼻呼吸にするのが自身は第一の課題である。

アレルギー性鼻炎の影響もあり、少しマシにはなったが年中鼻づまりがひどい。

寝て起きた時に鼻が激づまりしている。

長時間連続で眠れない・起床時に頭が鈍痛するのは

鼻づまりの影響もあると思う。

口に絆創膏を貼って寝る、という手法が

紹介されていたけど取り入れてみようかな。

 

健康診断にいくべきである

胃の状態が芳しくなかった時期は1年に1度は内視鏡検査をしていたのだが、

今年は調子もよく診てもらっていない。

自営業だと、どうしても健康診断などについては疎かになりがち。

年内に健診へいきます、はい。

 

ネットでの医療カウンセリングが進歩してほしい

重症であれば当然対面で診てもらいたいけど、

薬を処方頂く程度であれば、ネット診療で済ませたい

激混みの待ち時間も緩和されるはず。

ネット医療カウンセリングの市場はこれから開拓されていくことでしょう。

 

著書を読み終えて、天寿をまっとうする為、最大限の努力は払いたいと心しました。

 

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, 健康・食, コラム_T.HASE