のび太くんが嫌いだ。あの人を見ていると、自分のことのように思えてしまう。

   

肝付さん「ジャイアーン!!」絶叫弔辞から1年4カ月 親友の後を追うように…

ご冥福を祈りします。

肝付兼太さんといえば怪物くんのドラキュラが印象深いです。

 

私は藤子不二雄マンガ育ちなのですが、

ドラえもんについては全く好きでなく

漫画もほぼ買っておらず、テレビもあまり熱心には見ていませんでした。

一番好きなのは怪物くんで、アニメが終わり

かぼちゃワイン?!(記憶がやや曖昧)に変わった際は

大ショックだったのを覚えています。

好みはやや安孫子先生寄りで、

ゴルフを早い時期に始めたのはプロゴルファー猿の影響です。

広辞苑のように分厚いまんが道とか熱心に読んでいました。

藤本先生だとタイムパトロールぼんなどが好みです。

今改めて読んでも面白そう。

 

ドラえもんに関しては、正確に言うと映画版は好きだったのです。

原作およびテレビアニメののび太くんって

本当にダメ人間じゃないですか!?

見ていると本当にイライラして「ちゃんとしろよのび太!!」ってなります。

しかも毎度毎度、同じパターンの過ちを繰り返す無反省ぶり。

でも生理的な感情に影響を及ぼしているという意味で

自分自身(視聴者)のインサイトが見事に突かれているんですよね。

心の襞を揺らされて、自分ごととして没入するあまり

反動で忌避感が強く、目にしたくなかった訳です。

主人公が必ずしもヒーローでなくても

アニメ作品が成立するという流れが生まれて

間接的には、内向きな性格のアムロなどの

キャラクター造形にも影響を及ぼしていると思われます。

 

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, コラム_T.HASE