映画『二ツ星の料理人』を鑑賞して美食への憧憬が芽生える。

      2016/11/03

star_manga

ブラッドリー・クーパー主演映画『二ツ星の料理人

四コマ映画さんに上記に掲載のマンガをアップしました。

 

厨房を舞台にした映画やドラマが好きで

三谷幸喜『王様のレストラン』がフェバリットなのです。

 

若かりし頃にレストランでバイトしていたことがあり、

仕事人としての心得はここで学びました。

最初は本当に要領が悪かったのですが、

ライブ感のある現場でかなり鍛えられました。

V6の三宅健氏がたまたま来店した際に

オムライスを作ったことがあります(実話)。

 

『二つ星の料理人』ですが、

ストーリーはオーソドックスなものです。

うらぶれた主人公が、心入れ替えて

理解者を得て、仲間を作りながら新天地でやがて復活していく。

ライバルとの関係性の行方はいかに!?

いがみ合っていたヒロインとやがて恋仲に!?

ストーリーに意外性はなくベタな展開ではありますが、

安定感がありリラックスして愉しめます

 

主演のブラッドリー・クーパー

一見強面ながら、弱さも垣間見せる

ダメ男ではあるが繊細な役柄をうまく演じています。

こんなエキセントリックな料理長の下では

決して働きたくはないですが…。

 

映像が綺麗で、料理がものすごく美味しそうに撮られています。

カメラワークやカット割り・編集のテンポ感は好みで

まさしくウェルメイドな一本です。

 

日本にかつてミシュランが上陸した際に

非常に話題になりましたが、

まだ星がついたお店に行ったことがありません。

お寿司屋さんなど行ってみたいなぁとふと思いました。

T.HASE拝。

 - 映画, コラム_T.HASE