2020東京オリンピックのヘッドは川淵三郎キャプテンでのぞみたい

      2016/11/22

小池都知事「五輪準備のヘッドがいない」

2020年の東京オリンピックですが、

川淵三郎氏に是非キャプテンをつとめてもらいたいです。

Bリーグ上々の滑り出しを見れば一目瞭然。

トップが違うだけでガラリと様相は一変する。

その力強い牽引力をもって

ゴタゴタが続いている五輪のプロジェクトを

ひとつに取りまとめてください、お願いします。

 

森喜朗氏小池都知事「スポーツを知らない」と言われたのであれば、

スポーツを熟知している川淵さんを立てるのが最適でしょう。

ラグビー派閥とサッカー派閥みたいな、しがらみがあるのか否か!?

 

 

緩やかな民主主義じゃ、物事は前に進まないので

作中でも述べられていましたが

『無欲の独裁者』の存在が必要だと考えます。

Jリーグ草創期の経験が、Bリーグ立ち上げにも

生かされていたようなので、

オリンピックの運営にもうまく転化できることでしょう。

 

あと、五輪は様々な利権が絡んでいる(と思われる)ので

命をはれる覚悟のある方でないと務まりません。

 

築地市場移転の問題も同様ですが、

早く手を付けたほうがよい。

ゼロリスクはそもそも無いのですから、

決断は早く少しずつ修正をかけていけば良いと考えます。

2020年まで時間が在るようですが

実際はあっという間です。

 

著作の『独裁力』ですが、

川淵さんが代表の後任監督になる予定の

オシムさんをフライング発言した時のエピソードが印象的でした。

相当のバッシングでかなり精神的に参られたらしく、

サッカー日本代表の仕事に携わる困難が伝わりました。

岡田さんが監督を急遽引き受けた際に家族も24時間警護されたとのことで

取り巻く様相は生半可な状況ではないです。

 

国を背負った戦禍をくぐり抜ける強かさをもった

川淵さんに五輪のイニシアチブを託したいと切に願います。

 

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE