もし長崎県壱岐市を年俸1200万円でコンサルタントするなら、麦焼酎『iki 1』ブランド立ち上げを提案したい。

      2016/11/27

「月額100万円を支給します」 長崎県壱岐市が募集するお仕事の内容は?

もし私が長崎県壱岐市コンサルタントとして

年収1200万円の要職へ応募するなら…。

 

麦焼酎発祥の地とのことなので、

これを使わない手はない。

 

麦焼酎ムーブメント壱岐からおこしたい。

では、どうするか!?

 

アイドルであるTOKIODASH村で農業に奮闘する姿は

多くの人々の心をうっている。

であれば、AKB48グループのメンバーが

たったひとりで離島である壱岐に住み込み

焼酎ブランド『iki 1(イキイチ)』

立ち上げるのはどうだろうか。

 

JKT48としてジャカルタで活動してる仲川遥香(以下、敬称略)の

ことを考えれば、できないことはないはず。

お酒との親和性をかんがみれば

男性グループだと、エグザイル系メンバーでもOK。

 

選抜メンバーはできれば、田舎暮らしが好きそうでない

コジハルこと小嶋陽菜あたりがのぞましい

(もちろん20歳以上の選抜が前提)。

壱岐でゼロから麦焼酎ブランドづくりに携わっていく

リアルドキュメントをブログ・インスタやスナチャなど

SNSを駆使して情報発信していく。

 

時には地元の人との対立を起こしながらも

(≒TOKIOのガチンコファイトクラブ

徐々に島の協力者を増やしていき、

やがて『iki 1』『iki 48』へ変貌を遂げていく。

鏡開きの際に、他メンバーを離島に呼び寄せて

ファンを招いてのコンサート。集客は見込めるし観光に繋がる。

CD麦焼酎をセット販売するのはいささかやり過ぎかもしれない。

 

鍵になるのは地元の方との一体感のように考える。

本当の意味で理解を得られないと、チグハグな施策になりかねない。

コンサルタントとして本当に応募される方には

熱意があるのは前提で、アイデアの引き出しの多さ

推進力・実行力など様々な実務能力が問われることになるであろう。

 

若者に対して地方暮らしへの興味喚起を促す

このアイデアが一助になれば幸いである。
T.HASE拝。

 - 企業・ビジネス, コラム_T.HASE