くるり岸田氏のペンによる「管弦楽のためのシチリア風舞曲」に心洗われる

      2016/11/28

岸田繁のペンによる管弦楽小作品「管弦楽のためのシチリア風舞曲」本日より配信スタート!

 

トヨタ自動車“5大陸走破プロジェクト”WEBムービー  タイアップの

書き下ろし管弦楽曲が良いです。

 

どんな曲になるのか以前から楽しみにしていました

くるり岸田さん作らしい

ねじれ感あるクラッシックになっています。

ここで言う”ねじれ”の定義ですが、

「明るさと暗さが入り混じっている」という

性質が挙げられます。

 

音楽はメジャー/マイナーコードに大別できますが、

その中間を行く表現ということです。

%e6%a5%bd%e8%ad%9c

↑『管弦楽のためのシチリア風舞曲』冒頭のメロディー

AmからCmへこのあと転調モチーフの変位を繰り返していきます。

 

メロディーの契機はマイナーで、結びはメジャーのドミナント進行

 

暗い気持ちの時に笑顔 明るい気持ちの時の涙 など

感情と相反した演技表情に深みを与えます

 

正に『何を考えているのか分からない』京都人らしい

岸田イズム/くるりポップスです。

 

メロディーはシンプルなものに色んな楽器・フレーズが対位法的に絡み合うことで

静寂な雰囲気でありながら、ピッと張り詰めた緊張感を醸し出しています。

 

映画音楽などだと、作曲とオーケストレーションは

別のアーティストが担当することがままあります。

岸田さんはSNSを拝見する限り、

ご自身が鍵盤でmidiにより打ち込みをされたようで

まさに脳内で鳴ったオケの音がそのまま

世に現出した格好といえるでしょう。

 

『交響曲第一番』のリリースも非常に楽しみです!

 

T.HASE拝。

 - 音楽, コラム_T.HASE