『ローグ・ワン』と『エピソードⅣ』の無限ループと、ドラゴンボールにおける”サイヤ人”設定の妙。

      2016/12/17

ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

鑑賞してきました!!!

 

レビューは後日にしたいと思いますので

このブログでは映画の内容について触れる訳ではないですが

少しでもネタバレしたくない方は

以下、閲覧注意です。

 

 

 

%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a2%e3%83%95_%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf

 

混沌としていて、まだ頭の中が整理しきれてないですが、

一言だけ、声を大にして伝えたい。

 

 

 

 

 

ダース・ベイダーが宇宙最凶。

 

 

 

 

全部、美味しいとこ持っていった感じ。

先日描いたスピンオフ漫画

何気にいい線を突いていたような。

 

 

これから『ローグ・ワン』を観る予定の方は、

先に『エピソードⅣ 新たなる希望』をチェックすることを

オススメします。

絶対に観たくなります。

 

タイトルロール冒頭シーン

シークエンスが繋がっているので、

『ローグ・ワン』の世界に没入し易いです。

 

重厚長大な物語に対して

後付した設定

上手くハマる

すごく面白い展開が生じます。

矛盾が生じる可能性はありますが、

意図せざる伏線など

作者の思惑を超えた

マジックが醸し出される。

 

典型的なのが

ドラゴンボールにおける

孫悟空=サイヤ人

後出しジャンケン。


幼少よりずば抜けた戦闘力、

両親など親族が不明、尻尾、

満月の夜に猿になり巨大化などのキャラクターが

実は宇宙から来たサイヤ人だった、という

トンデモ設定で説明付けられます。

突飛ない展開でしたが

想像以上にシックリきて、

サイヤ人であることが判明してから

ドラゴンボールの世界観に更なる奥行きを与えました。

 

『エピソードⅣ 新たなる希望』

久しぶりに見返しましたが色褪せない魅力、

やはり良いです。再認識しました。

という訳で、自分の中で

また『ローグ・ワン』も

観なくなる現象が起きております。

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, 映画, コラム_T.HASE