東京五輪マスコットに名乗りをあげようか。あと、仕事における【会議】のスリム化が喫緊に必要。

   

東京五輪マスコット15分描いてみた。

 

海外におけるニンジャ人気にあやかる。忍者=スポーティーなイメージも。

◎マスコットはやはり動物がよいかと(狐面だとちょっと怖いか)。

BABYMETALがコラボして開会式に華を添える。

 

 

 

せんとくんですらキモかわいい、と支持されるようになったのだから

しばらく見てたら徐々に馴染んでくるでしょう。

 

東京五輪 “マスコット”の検討会議がスタート

素朴な疑問ですが

検討会議ってこんなに人数必要ですかね!?

 

東京五輪マスコット選考検討会議メンバーに中川翔子ら14人、生駒芳子は「オリジナルで開発したい」

 

有識者3〜4人で決める

ネットで会議内容を完全に可視化

◎著作権が抵触してないか外部機関でチェック

で如何でしょう!?予算もスリム化できませんでしょうか。

 

10人以上の会議となると、1時間で1人辺り5分も喋れませんからね。

しかも、大体発言が多い人に偏っていくので

下手したら一言も発さずに席を立つ人も中には出てくる。

 

私も得意先様の会議などに参加した際は

なるべく喋るようにはしています。

が、7〜8人を越えると

本質的な論点を共有する難しさを感じます。

あと、プレゼンテーションは神経を使いますので

1時間を越えると概ね集中力は途切れている。

 

◎会議の参加人数は最大でも5〜6人

◎時間は30分区切りで長くても1時間、

◎情報共有は事前に行う

でどうでしょう。

 

以前、仕事のスリム化・無駄な残業撤廃の為

メール電話について提言しましたが、

まだまだ日本の状況は変わらないので

草の根運動を続けていく所存です。

 

T.HASE拝。

 - イラスト・漫画作品, 仕事論, コラム_T.HASE