無念:2017年 WBC 侍ジャパンは準決勝にて終戦

      2017/03/23

(完全なる炬燵記事なのでひとつご了承ください。)

野球を観るのも好きなのですが、

WBCといえば2009年の決勝戦

イチローのサヨナラヒット劇的すぎて

それを超えるシチュエーションはもう無いだろうと

以後テレビ観戦を控えております。

ですが、侍ジャパンへしっかりと心の中では

エールを送り続けております。

それまで不調を囲っていたイチローの復活・

逆転打は映画だと恥ずかしくて書けないであろう

出来過ぎのストーリー展開でした。

 

菅野投手は素人目にみても

すごいボールがミットに突き刺さっているのが伝わります。

王道を行くピッチングスタイルですね。

筒香選手のスイングは

メジャーリーグでも充分に通用するであろう

雰囲気を醸し出していました。

 

2シームの動くボールが主体で

グラウンドも天然芝

イレギュラーなバウンド処理も多く、

メジャーリーグベースボール

瞬時の細かい調整能力が問われる、ということなのでしょう。

変則的な投げ方のピッチャーもいましたが

見るからに打ちづらそうなボールです。

 

日本の内野手に関してはメジャーでアジャストに

苦労しているケースが多いですが、

日本でも中学・高校の頃から

天然芝でプレーする環境になれば

状況も変わってくるのかな!?

あと、単純な疑問として

アメリカって金属バットは使ってるのか??

 

 

それにしても、既に40歳を過ぎておりますが、

プロ野球選手が年上に見える感覚って

いつまでたっても抜けません。

中田翔選手など、もしお会いしたら

こちらが小突かれそうだもんなぁ^^;

 

 

 

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE