”分活”ブームを起こすトレンドセッターになる決意。

      2017/04/22

睡眠・食事・仕事・運動

あらゆる生活の局面において

分割を試みている。

そして、◯活(就活・婚活ほか)という表現にあやかり

総称して【分活】と名付けることにした。

Googleで調べた限りでは

今のところ同じ名称を唱えている人はいない。

 

睡眠

寝てしっかりと身体を休めて、起床後が

当然ながら一番コンディションがすぐれている。

であれば、1日の中で複数回のピーク

あった方が良いのではないかと考えて

小刻みに寝るように生活を激変させている。

あと、どうしても食後は眠気におそわれるのを避けられない。

よって、ボーっとしているようであれば

いっそうのこと寝てしまった方がよいと思い、

ご飯の後に15分から長くて1時間半ほどの仮眠をとるようにしている。

 

食事

つい先日、空腹からお腹いっぱいにご飯を食べすぎて

胃酸過多になり猛省したので、

食事もできるだけ小刻みにとるようにしている。

腹六〜七分の状態が連綿と続くのが理想。

満腹はアカン。ハングリーであれ。

 

仕事

マルチタスクといえば聞こえがよいが、

基本的に気が散りやすいタイプなので

なるべく小分けにして

複数の仕事を同時進行であたるようにしている。

あと、長時間かかる案件が多く

集中的にかかるといつまでたっても終わらないイメージなので

色々と手を出して、なんとなくモゾモゾと全体的に進捗させるほうが

性にはあっているようである。

 

運動

冬場は寒かったこともあり、ついジョギングをサボってしまった。

1回に走る距離を3kmに限定して、できるだけ2〜3日おきに

30分弱走るように切り替え始めた。

もう少し走りたいというところで切り上げて、

明後日に楽しみをとっておく。

 

 

さぁみんなで始めよう、レッツ分活ライフ!

流行とは必ず誰かが声に出して伝播していくもの。

率先してあらゆる局面を分割していく所存である。

シェアリング分散が今の時代のキーワードなので

トレンドに則っているのは間違いない。

 

こういった時に、自身にネームバリューがある

著作物を書いてヒットが生み出せる確度が高まるんだよなぁ。

 

松居一代さんがおそうじブームを起こしたように。

啓蒙活動とは、

「△△さんがやっているから、◯◯の効果があるのは間違いない」というように

提唱している”人”への信頼度に紐付いたものなのである。

 

T.HASE拝。

 - 健康・食, コラム_T.HASE