『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました(出雲充 著)』を読んで、”ミドリムシ サプリ”を”仙豆”代わりにチャージしています。

      2017/05/04

こちらの対談集で気になった

”ミドリムシ”第一人者 出雲充氏の本を読んでみました。

 

私もドラゴンボールでおなじみの仙豆を欲していたのですが

全く同じことを考えている人がいました^^;

もっとも、出雲さんは仙豆を創るカリン様になられた訳ですが…。

 

植物と動物、両方の栄養素を兼ね備えたミドリムシ

仙豆になるに違いない、との考えを元に仲間の人と起業。

 

石垣島に培養プールを借りて研究にのぞみますが、

ミドリムシが培養できない。汚染で全滅してしまう。

栄養価が微生物の中でもトップクラスであり『美味しすぎる』為でした。

 

紆余曲折を経て、外敵から守るという考えから

ミドリムシに殆ど何も影響を与えないが、それ以外の生き物は

侵入できないような培養液を作り出す、という手法にたどり着きます。

耳かき程度しかできなかったミドリムシが

プールがいっぱいになるほどの培養に成功

商品化を進め、非常に粘り強い営業活動の末

やがて支持を得るに至ります。

 

著作を読んで、非常にリスクが高いことへ果敢に挑んだなぁ、と感嘆しました。

ミドリムシのポテンシャルを信じて、成功するかどうかも分からない

研究に何年も身を捧げられた訳ですから、想像を絶する覚悟の決め方です。

 

出雲さんを始めユーグレナの方々が人生を投じた

”ミドリムシ”が一体どんなものか、サプリを10日ほど試しています。

 

薬機法に抵触すると危ういので留意しますが

すこぶる体調は良い、気がします。はい。

分活ライフを送って玄米食べているので、複合的な要因も含まれるでしょう。

サプリメントはプラシーボ効果も含まれますので

私にとってミドリムシ仙豆 だと思って

朝と、気合を入れ直す際に摂取して元気を回復しております。

 

面白いのが、イメージが悪くなる懸念から

当初「ユーグレナ」と名前を付けていたものを、

堂々と「ミドリムシ」と名乗ってからの方が

結果的に商品の売れ行きにつながった、という点である。

 

引っかかりのあるネーミングの方が

生理的な不快感がある反面、心へのササり方も強いという証左でしょう。

T.HASE拝。

 - コラム_T.HASE