デーモン・アルバーン(ブラー)とノエル・ギャラガー(オアシス)ついに歴史的邂逅。その時リアムは…。

      2017/05/06

ブリットポップ全盛時における

ブラーvsオアシス戦争を振り返ると

まさかバンドの中心人物であった

デーモンとノエルの両者が手を組んで

音源を世に出す日が来るとは思いませんでした。

海の向こうでブラーとオアシスがやりあってる、という

情報をうっすら知ったところから

それぞれの曲を聴き始めたので、隔世の感があります。

 

デーモン・アルバーン、ゴリラズの新曲でのノエル・ギャラガーとの共作について語る

なんか写真も妙に仲良くなっている雰囲気である。

コラボしている『We Got The Power』ですが

尺が2分少しと短いですが、キレ味鋭く

リフレインで続いていくゴスペルっぽい

コーラスが力強くてキャッチーな曲です。結構好きでヘビロテ中。

ゴリラズ、ノエル・ギャラガーとのメイキング映像とライヴ映像を公開

お二人の共作なので、ロックナンバーかと思いきや

こういったアプローチで来るとは意外でした。

 

さて、リアム・ギャラガーのリアクションは如何に…。

リアム・ギャラガー、ゴリラズでのノエルとデーモンのコラボにツイッターで言及

やはりボロカスにけなしてるw 

想像通り、リアム健在である。

元気そうで、なんかちょっと嬉しくなった。

 

そもそもミュージシャン同士

仲良しこよしでなくて、

(本当に陰険な関係かどうかは別として、対外的には)

バチバチやりあってる方がいいんですよ。

ファンもアングルがある方が、より応援に熱が入りますから

日本でもその昔、グレイとラルクの同日リリースなどありましたけど

ライバル関係があった方が相乗効果で盛り上がるのです。

 

リアムみたいなロックンローラー

もう出てこないでしょうね。ハチャメチャが許される時代では既にない。

EDM界隈などDJ同士で仲悪いってあまり聞きませんもんね。

 

ところで気になった記事がこちら

リアム・ギャラガーの息子のレノン・ギャラガー、雑誌の撮影でブラーのTシャツを着用

リアムの息子、レノン

立派にオヤジの血を引き継いでいるアティチュード。

レノン生誕の際にリアムが書いた『Little James』は隠れた名曲ですね。

T.HASE拝。

 - 音楽, コラム_T.HASE