俺のヘビーローテーション vol.6(カミラ・カベロ/Mabel/Ghost like girlfriend/岡崎体育/Nulbarich)

      2017/05/31

I Have Questions   カミラ・カベロ

カミロ・カベロさんは「フィフス・ハーモニー」の元メンバー。

可愛いさがありながら、硬質で渋みもある不思議な声質です。

冒頭のチェロから入るアプローチなどアレンジも独特。

 

Bedroom  Mabel

”Bedroom”とリフレインするボーカルの音声処理が印象に残ります。

コーラスワークが重層的で味わい深い。

生っぽさとデジタルがうまく同居しているサウンドメイクです。

 

fallin’  Ghost like girlfriend

 

登場人物の2人が途中より交錯して

やがて2画面にセパレートしていくつくりが心理描写とリンクしている

MVのつくりが面白いです。

映像を思い浮かべながら楽曲制作したのではないだろうか

瞬く間に2万再生超、Ghost like girlfriendの「fallin’」MV公開

作詞作曲トラックメイクすべてを手掛ける岡林健勝氏による

ソロプロジェクトとのこと。

 

Natural Lips  岡崎体育

岡崎体育氏、今度は”英語っぽく日本語を歌う空耳曲”という変化球できたよ。

サビのコード進行のひねり方がツボです。

iTunesで音源を買おうと思いきやまだ発売していなかった!

 

 

It’s Who We Are   Nulbarich

Nulbarichの曲は「Natural Lips」とは逆に

洋楽かと思いきや実は邦楽、という思わず空耳してしまうナンバー。

このザクザクしたエレキギターのカッティングはツボです!

T.HASE拝。

 - 音楽, コラム_T.HASE