『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ(川上和人 著)』を読んで鳥への憧憬の理由を知る

      2017/06/08

鳥類学者・川上和人さんの文章が軽妙洒脱

すごく読みやすい鳥に関する研究コラムです。

そもそも、スズメの体重はわずか20gだ。約3千倍の体重を持つ私に換算すると

150万kmの大移動である。月まで二往復

弁当代だけで破産する距離だ。(文中より引用)

数字で示されると、鳥の身体能力の高さをより伺い知ることができる。

月まで二往復ってとんでもない距離やな

 

・二足歩行

・昼行性

・視覚と音声によりコミュニケーションをとる

・主に一夫一妻制

など人間と多くの共通項を持ちながら

加えて空を飛べるという大きなアドバンテージを持つ

鳥に対してあこがれを抱く理由も納得できる。

 

理系に関する知識が皆無であることから、

研究所説のようなものを読むと

あらゆる情報が目からウロコなのであります。

ニワトリの特徴といえば赤いトサカだが、これは皮膚を通して

血液の色が見えているのである。

〜あそこは羽毛が生えていないハゲなのである (文中より引用)

王冠のような存在感を放つ

ニワトリ立派なトサカだが、

実は禿げてたとは^^;

 

生物が進化の過程において

形状・動きなどあらゆることに意味がある、

合理的にDNAが形成されている

ということの一端が分かる著作です。

重力から自由になる、というのが

人間が描く夢のひとつですが、

鳥にはいつまでたっても敵いそうにないな…。

 

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, コラム_T.HASE