健康三題噺

      2016/08/07

一、オムロンのクッションマッサージャーを買った。

実売価格3,000円ほどだ。

やばいやばい。これはやばい。

本格的なマッサージチェアの中には20万を下らないものも少なくないというのに、

この値段でこんな良品を出されたら市場は大変なことになってしまう。

クッションの中のでっぱりがぐりんぐりん回転して、

首や背中をじつに的確かつ強烈にもみほぐしてくれた。

凝りというものは、自分でも意識しないうちになっている。

もまれて初めて気付くストレスもある。

今まで一度も整体や指圧へ行ったことがない人でも、

試してみる価値はあると思った。

 

二、日新製薬が製造し、クラシエが販売するビイレバーキング

これからの季節、夏バテ防止にはこれがいい。

ようはビタミン剤・兼・漢方系の滋養強壮剤みたいなものだが、これが凄い。

これを飲み始めてから全く疲れなくなった。

いやそれだけじゃない。どんなにお酒を飲んだ日でも、

これを計量カップすりきれ一杯飲んで寝れば絶対に二日酔いしない。

500mlでメーカー希望小売価格3,600円だから、そんなに高価なものでもない。

医薬品だから他人へ薦めるには慎重にならなければならないが、

疲れやすい人にとっては人生を変える福音になるかもしれない。

 

三、ビルケンシュトックのサンダルを注文した。

初めてなので、新宿のショップへ行ってサイズを測ってもらい、

いろいろ試した結果、一番オーソドックスでシンプルな形が気に入り、

ARIZONAというタイプにした。

履き心地は最初は硬く感じるが、

これがだんだんなじんでくるのだそうだ。

足は第二の心臓とも言われているし、本当に健康のために練られた製品であれば、

ここまで高くても喜んで金を出したいと誰もが思っているだろう。

価格競争の泥沼に陥ることなく、消費者の絶大な信頼を勝ち得、

唯一無二の価値を提供する、この歴史ある企業に敬意を表したい。

 

kanagawa拝

 

 - コラム_T.HASE, コラム_kanagawa