【ガンバ大阪】ダービーマッチでセレッソを粉砕 代表のボランチは”井手口陽介”に任せた

   

G大阪、首位C大阪に逆転勝利。“大阪ダービー”で吹田サッカースタジアム新記録の観客数36177人

前回のダービーと同様、

前半はセレッソペース、後半に入りガンバが盛り返す展開。

杉本健勇と山村和也(以下、選手名は敬称略)の

決定的な場面でゴールが決まっていれば

結果が逆になっていてもおかしくない試合内容だった。

 

ガンバは新戦力であるFWのファン・ウィジョ

力強いヘディングでゴールを叩き込んだ。

スケールの片鱗を窺わせるプレー、

早くもデビュー戦で結果を出せたことは大きい。

 

それにしても

井手口陽介、である。

ものすごく攻守に効いており頼もしい限りだ。

味方が取られたボールを

素早くプレッシャーをかけて奪い返す、といった

プレーが随所にみられた。

味方にとっては、リスクを取って攻めていけるので

安心してチャレンジできる。

敵にしてみれば、せっかく奪取したボールを

かっさらわれる訳で、非常に厄介な存在である。

毎回アタックをかけているとスタミナがもたなくなるが

勘所をおさえており、ゲームの読みに長けた試合巧者ぶりである。

アデミウソンが決めた2点目も、一度はキーパーにシュートが弾かれたものの

井手口がゴール前に詰め寄り波状攻撃を仕掛けたことで生まれている。

 

止める・蹴るといった基本技術がしっかりとしている

スタミナがあり、終始動きの精度が落ちない

非常に落ち着いており、ひとつひとつのプレーが丁寧 ミスが少ない

 

既に日本代表の最終予選でも起用済みではあるが

物怖じしないキャラクターであり国際試合でも本領を発揮するであろう。

ロシアW杯で起用されればブレイクすること必至である。

(ガンバから出てほしくないけど)海外移籍の足がかりになる可能性大。

 

この試合、ヤットこと遠藤保仁が起用されなかったのであるが

ガンバはアンタッチャブルなプレーヤーはいないということである。

調子が良い選手がスタメンに起用されることで競争原理が働き、

チーム内によい緊張感が生まれていると推測されます。

 

首位セレッソに勝ち点6差と射程圏内。

後半戦で巻き返しを図るのに

勢いをつける貴重な勝利となりました!

 

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE