『究極の疲れないカラダ(仲野広倫著)』を読んで姿勢を正す。

   

常時トップコンディションを維持したい、

目指すは、精神と時の部屋から出てきて

自然な状態スーパーサイヤ人を維持できるようになった孫悟空の状態。

教授こと、坂本龍一氏が帯で推薦文を書いていたので

目に止まり購入しました。帯の広告効果ってすごいですね。

 

健康の維持方法は人それぞれ、

マッチする方法も千差万別ですが

私には仲野氏の著作にピンとくるところが多かったです。

 

椅子を使ったスクワットのトレーニング方法、

片足立ち筋肉リリースのトレーニング方法 などが

書かれていたので早速実践しています。

やり方はそんなに難しくなくないので続けていけそうである。

 

”常識を疑う” ”当たり前だと思っていることの真偽を検証する”

視座を持つことが大切なことに気付かされます。

 

ストレッチは、疲労をとって怪我を予防するという

間違った思い込みをしていたのです(著作より引用)

フットサルの練習の時のみに取ってつけたよに

ストレッチを行っているのでやり方も良くないのか、

先月アキレス腱の筋を痛めてしまいました。

ストレッチについても見直す必要がありそうです。

 

座り仕事なので1日中微動だにせず

パソコンの前にいることも多い。

モニターに顔を近づけて

猫背足組みながら作業しているので

余計な負荷が身体にかかっていたようです。

適度に動きながら居住まいを正して

制作作業にのぞむ所存でございます。

 

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, 健康・食, コラム_T.HASE