雑誌『Pen(桑田佳祐 特集)』と『BRUTUS(自然写真入門)』が買いである。

   

雑誌PenBRUTUSだが

毎号1つのテーマを元に編集されている

カルチャー誌ということで共通点が多い

値段も Pen:¥680 BRUTUS:¥650 とほぼ同じ

読者層も極めて近いのではないだろうか

 

私は気になった特集があった際に買っており

9月号は両誌ともにゲットしました。

Pen:1冊まるごと桑田佳祐 BRUTUS:自然写真入門

(因みにBRUTUSは以前、桑田佳祐 特集を組んでおりました それも買った)

それぞれ、期待に違わぬ読み応えのある誌面の内容でした。

 

桑田さんにまつわる幼少時のほろ苦い思い出はこちらにて↓

俺の作詞道 〜其の四『Bye Bye My Love』桑田佳祐〜

 

印象的だった記事は

『メッセージが伝わる声の秘密は、倍音とノイズ性成分にあった!』

(鈴木創氏 日本音響研究所)。

聴いた感じでもそうではないかと思っていましたが

やはり、桑田さんの声は倍音ノイズ性成分が多く含まれていることが

鈴木創さんの解析により証明されています。

ノイズはものすごく重要で、音の存在感を際立たせるのに欠かせない要素です。

ノイズそのものが音楽と言っても過言ではない。

先日、尺八の演奏を聴いたのですが

音にならない音、空気のボーボーと鳴る振動(意味が伝わりますでしょうか!?)に

奥ゆかしさ・音楽としてのを含んでいたのです。

一度耳にしたら忘れられない

桑田さんの歌声の理由(わけ)に改めて納得しました。

 

 

『BRUTUS』は自然写真の特集だったのですが、

ピーター・ビアードさんという作家・アーティストさんが目に止まりました。

小冊子になっていたのですが、

自然・野生・動物をモチーフとしたコラージュインパクトあり独特のテイスト

毎日欠かさずに創っている日記アートとなっており

クリエイティブを生み出し続けるパワーに頭が下がります。

アンディー・ウォーホールとも交流があったようで

作風に通じるものがあります。

 

もし気になられた方は両誌ともに9月号

オススメなのでチェックしてみてください!

 

T.HASE拝。

 - 音楽, 本・マンガ, コラム_T.HASE