大腸と胃の内視鏡検査に行ってまいりました

   

お腹の膨満感がなかなか戻らなかった為、

大腸と胃の内視鏡検査を行いました。

異常なしとのこと。胃と腸はヒダもキレイでした。

レントゲンも撮影し、来週結果が出るのですが

取り急ぎ一安心です。

悶々とした気分から解消され、下剤を使用したこともあり

心身ともにスッキリした状態となりました。

 

私の事をご存じの方は分かると思いますが、

胃弱の体質で、動きがかなりゆっくりなようです。

過食は禁物で、今後は50回位噛んで咀嚼します。

平日は胃腸に負担をかけないよう、栄養補給を仙豆で手軽に済ませたい位です。

 

41歳の厄年は大過なくまっとうできたので舐めてましたが、

後厄でガーンときましたね。ものすごく年齢による体質の変化を感じます

近くのものをメガネを外さないと見えにくい、

つまり老眼にも差し掛かっているようです。

私と同年代の方は、気になる身体の箇所がありましたら

お医者さんに診てもらうことを激しくオススメします

 

大腸と胃の内視鏡は麻酔すれば、そんなに痛みを伴うものでもないので

経験の無い方は一度診てもらっても良いかもしれません。

 

食・運動・睡眠の最適化を図るべく

同年代で情報共有する”健康サークル”でもつくろうかな。

 

歳をとると確実に”部分的な死”が訪れますね。

村上春樹氏が

死は生の対極としてではなくその一部として存在している

と書いてましたが、

様々な死を受け入れながら共生していくということでしょうか。

 

”ここまで健康に気を使って、それでも体調崩すなら仕方ない”位の

ストイックな健康ジジイを目指します。

T.HASE拝。

 - 健康・食, コラム_T.HASE