ライアン・ジョンソン監督『LOOPER』がハマれば『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は愉しめる!

   

※若干のネタバレを含みますのでご留意ください。

 

ライアン・ジョンソン監督の出世作

『Loppper/ルーパー』を先にチェックしてから

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観に行きました。

謎めいた話の運びから先が気になる展開で、しっかりとしたオチのついた

良質なエンターテイメント作品に仕上がっており

エピソード8へと期待が持てました。

 

スター・ウォーズのフォース(理力)と似たような

KT(念力)という概念が出て来ますが、

監督に抜擢された理由のひとつではないでしょうか。

若干近しいアプローチで表現されておりました。

 

前作の『フォースの覚醒』がJ・J・エイブラムスを含む

複数の脚本家によるものだったのに対して、

『最後のジェダイ』ライアン・ジョンソンのみがクレジットされています。

『フォースの覚醒』がチームにより手堅くまとめられた作品とするなら

1人のペンに依る、監督の作家性が色濃く出たのが『最後のジェダイ』。

 

まだ『最後のジェダイ』をご覧になられていない方は

SWの旧作を観てから映画館に足を運ぶのも良いですが、

『Looper』をチェックするのもアリです。

SF特有の難解なシュールさは希薄で、ラストはスッと腹落ちします。

この作品が好みでない場合は、もしかしたら

『最後のジェダイ』はシックリとこないかもしれません。

賛否が分かれる作品だろうなぁと感じました。

 

T.HASE拝。

 - イラスト・漫画作品, 映画, コラム_T.HASE