【随想】ロシアで躍動したサッカー日本代表 そして2022FIFAワールドカップのスタメンはこれだっ!

   

ありがとう、サッカー日本代表

決勝ラウンド、ベルギー相手に2点リードした瞬間は

いい夢を見させてもらいました

いまだに、ロスタイムに起こった

”赤い悪魔”の怒涛のカウンターが脳裏によぎる。

あんなに美しく決まる速攻も、そうそう見られるものではない。

 

個人的にMVPには原口元気(選手名は敬称略)を挙げたい。

アジア予選通じての功労者、攻守共にその貢献度は計り知れない。

ベルギー戦の1点目のゴールは正にこれまでの過程が結実したものである。

柴崎岳がボールを持った瞬間にスペースを見つけて自陣から一気に駆け上がる、

ディフェンダーに対してワンフェイクを入れて溜めを入れ

落ち着き払った見事なシュートだった。

 

ワールドカップ直前の西野朗監督への交代という

博打をうつことでベスト16という一定の結果は残した。

が、ワールドカップ前後の報道を見ていると

ハリルホジッチ監督が更迭に至った

プロセスの拙さについては有耶無耶になった感が否めない。

日本が目指すサッカーのスタイルを確立した上で、

有名無名問わず、それに見合った監督選びを行うべきであろう。

 

 

さて、カタールで行われる 2022 FIFAワールドカップ

日本代表のスタメン候補を選んでみた。

(ロシアワールドカップに出場したメンバーは除外してます)

 

FW

久保 建英(FC東京)

堂安 律(FCフローニンゲン/オランダ)

 

天才・久保と”マラドーアン”こと堂安の2トップ、

ワクワクすることこの上なし。

高さはないものの、テクニックと俊敏性で

世界と勝負できることを証明してほしい。


 

MF

中島 翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)

伊藤 達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)

関根 貴大(FCインゴルシュタット04/ドイツ)

井手口 陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)

小林 祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

 

中島翔哉は旬の動きをみせていただけにロシアでぜひ見たかった。

伊達、関根 共にキレのあるドリブル突破が持ち味のウィンガー。

ボランチは”剛”の井手口と”柔”の小林の組み合わせが面白い。

展開力もありピッチを幅広く使った攻撃が期待できる、

アグレッシブな中盤になると想像される。


 

DF

植田 直通(サークル・ブルッヘ/ベルギー)

鈴木 大輔(ジムナスティック・タラゴナ/スペイン)

遠藤 航(シント=トロイデン/ベルギー)

 

奇しくも選出されながらもロシアで出場の無かった

植田と遠藤が海外リーグ(ベルギー)へ移籍する運びとなった。

ぜひカタールの地でリベンジしてもらいたい。

鈴木はロンドン五輪の頃から注目していた選手。


 

GK

東口 順昭(ガンバ大阪)

 

ガンバ大阪自体が降格圏内に陥っており非常にピンチであるが

東口が止めてくれるに違いない。


 

(カッコ内は2018年7月25日 時点での所属チーム)

 

こうしてみると、次回ワールドカップでも

海外組が主体となることは間違いないだろう。

特に 乾、柴崎とリーガ所属のプレーヤーの活躍が際立ちました。

Jリーグの空洞化は避けなくてはいけないが、

若い選手はチャンスがあれば臆せず

どんどんチャレンジしてもらいたいですね!

 

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE