映画『カメラを止めるな!』が噂通りの面白さで見事に感染しました(ネタバレ無し)

   

映画『カメラを止めるな!』 (上田慎一郎 監督・脚本・編集)

ものすごく良かったです。手放しで絶賛です。

正に”こういう映画を観たかった!”という一本でした。

 

まだ未見の方はこの記事を読むのを中断して

ぜひ映画館に足をお運びください。

先入観の無いフラットな状態だと、より愉しめます。

 

 

(ネタバレは無しですが、まだ観てない方はご留意ください)


 

私が好きになる映画の要件がもれなく満たされておりました。

 

◎先の展開が読めない 伏線が綺麗に回収される

どういった仕掛けが張り巡らされていたのか、改めて冒頭からリピートしたくなりました。

(例『ショーシャンクの空に』 )

 

◎長回しのシーンがある

偶然性をも取り込んだ、ザラザラとしたライブ感のある映像が好きなのです。

(例『ロープ/ヒッチコック監督作』)

 

◎監督が脚本・編集も兼ねている

シナリオと演出・編集が一気通貫した、作家性の強い作品に心奪われます。

(例『アウトレイジの1本目/北野武監督作』)

 

◎役者さんが曲者揃い 出番が少なくても爪痕を残す

各々がキャラ立ちしていながら、全体の調和が取れています。

(例『大脱走』)

 

三谷幸喜(以下、敬称略)作品は

押し並べて上記のポイントを抑えており

映画ですと『THE 有頂天ホテル』がお気に入りの一本です。

 

7月の下旬に観たのですが、

キッカケは指原莉乃のツィッターの呟きでした。

皮切りにタイムラインもざわめき始め

これは絶対に面白いやつだと確信して、

予告編の映像などの事前情報を

すべてシャットアウトして本編を観ました。

指原ツィートがいわば導火線になったのですが、

意図されたパブリシティだったのでしょうか。

それとも完全にプライベートで観たものだったのか!?

気になるところであります。

SNSで一気に口コミが拡散、パンデミックが伝染しておりました。

 

映画の冒頭は本当に面白いのか!?固唾を飲んで観ておりましたが、

次第に全容が明らかになり、途中から堰を切ったように

アドレナリン全開であっという間の96分でした。

 

上田慎一郎監督の次回作に期待です。

すでに大手映画会社は触手を伸ばしているのでしょうか?!

大きなバジェットの作品もぜひ観てみたいですね。

T.HASE拝。

 - 映画, コラム_T.HASE