ハズレ無し【海外ドラマ】3つ選んでみた(梨泰院クラス/ブレイキング・バッド/プリズン・ブレイク)

   

STAY HOME期間の最中、海外ドラマをみることにハマっておりました。

昔から日本の地上波ドラマが好きなのですが、海外ドラマは『24』くらいしか通して観たことがありませんでした。

海外ドラマに手を出すと絶対に虜になると想像していたのですが、案の定ドップリと深い沼に浸かった次第です。

私がオススメする海外ドラマ3本をご紹介します。

 

『梨泰院クラス』


かいつまんで述べると【三国志+半沢直樹】です。

パク・セロイ=劉備玄徳 情に厚く信念の元に行動するリーダー。
チョ・イソ=諸葛亮孔明 天才軍師でビジネスを牽引、セロイに惹かれている。
チェ・スングォンとマ・ヒョニ=関羽と張飛 昔からの仲間達。
チャン・デヒ=曹操 巨大な財閥を率いる、冷徹にして残忍なセロイの宿敵。

『半沢直樹』のように、親の仇をとる復讐劇が土台となっております。

最後にスカッとするサクセスストーリーを観たい方にはオススメ。

クライマックスで挿入される情熱的なOST(サウンドトラック)がドラマを盛り上げます。

 

『ブレイキング・バッド』


高校の化学教師が余命わずかとなり、家族に資産を残そうと

麻薬を精製して悪事に染まっていくというトンデモナイお話です。

殺人を犯すなど坂道を転げ落ちるように道を踏み外していくホワイト先生

シリアスな展開ながら、麻薬をつくっていることを家族にひた隠しにしているドタバタした様子がどことなくコミカルでもあります。

当初は家族の為に麻薬作りを始めたという認識だったのが、

ラストで自分の為にやったということをホワイト先生自身が述懐するシーンが印象的でした。

大金を稼いで最後くらいは家族にいいところをみせたいという男の自己顕示欲みたいな心理を少しは理解できる気がしました。

 

『プリズン・ブレイク』


脱走ものの映画(『大脱走』『ショーシャンクの空に』)が好きなので絶対に

みたら夢中になるであろうと思っていたのでいつか観ようと寝かせていました。

案の定、めちゃ面白かったので一気見で寝不足になりました。

一緒に脱走するチームのうちに敵がいる構造というのは実にスリリングです。

シーズン5まで出ていますが、シーズン1のみの鑑賞で十分に愉しめます。

 

来年も評判の海外ドラマを引き続きチェックしたいと思いますが

枚挙に暇がないので程々に、を心がけたい所存でございます。

T.HASE拝。

 - 映画, コラム_T.HASE