本の装幀レポート〜『トウモコロシ』の場合〜

      2016/08/07

Pirates Booksに掲載した『トウモコロシ』の装幀レポートをここに転載します。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

今回の出版は、少ない予算の中で、

ちゃんと栞ひももついたハードカバーの

美しい書籍を作ろうというチャレンジでもあった。

そのために造本設計はすべて社内でやり、

表紙周りのデザインだけを外部にお願いした。

01_cov01

 

 

 

 

 

02_cov02

 

 

 

 

 

 

「シンプルで非装飾的、かつ鮮血のしたたるようなイメージで」という

こちらのリクエストに完璧に応えてくださった。

デザイナーの半崎真太郎氏、ありがとうございました。

03_fukuan

 

 

 

 

 

これが最初の腹案。おおまかなところではほぼこの通りに進んだ。

丸背の予定だったが、デザインを見て

「これは絶対角背だ!」と思ったので変更した。

帯については、つけないという案もあって最後まで難航した(後述)。

04_cov03

 

 

 

 

 

 

カバーはヴァンヌーボVGホワイト46/130kgに全面マットニス引き。

イラストがかなり細かいんだけど綺麗に出てよかった。

05_hyo

 

 

 

 

 

 

06_mikaesi

 

 

 

 

 

 

表紙と見返しの用紙は色だけ決まっていても銘柄を絞りきれずに悩んでいた。

神保町の竹尾見本帖本店さんへ何度も足を運んだが、見れば見るほど迷う。

そんなある日、ふと頭に「シンプル」というワードが舞い降りて、

そうか、これだな、と決めた。

表紙=NTラシャ濃緑46/100kg、見返し=NTラシャ黄色46/100kg。

07_tobira

 

 

 

 

 

 

扉はOKカイゼル白46/80kg。

これはわりと直観で決めて、その後いろいろ悩んだけど

結局最初に決めたものを採用。

08_ob01 09_ob

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯の作成はほんとにギリギリだった。

つけない案もあったけど、ないとやっぱり寂しいので本文データの下版後に作った。

入れる文字要素は入稿リミット数時間前に著者と編集者がチャットで決めた。

用紙は、背の会社ロゴを透けて見せたかったので、

クラシコトレーシングFS星くずし うす黄41kgにした。

瀟洒ないい感じに仕上がったと思う。ニス引き、スミ1色刷。

10_bar

 

 

 

 

 

バーコードとスリップ作成については

有限会社スタジオ・ポットSD様のフリーウェア

100%お世話になったので記して謝意を表したい。

ありがとうございました。

ちなみに本文用紙は定番のラフクリーム琥珀N 46/71.5kg。

これは印刷会社さんにご提案いただいた。

(kanagawa拝)

 - 本・マンガ, コラム_kanagawa