俺のヘビロテ vol.12(スパイス・ガールズ/BananaLemon/アンダーソン・パーク ほか)

   

最近よく聴いている曲をリリース時期に関係なくピックアップする

シリーズ記事『俺のヘビロテ』。現在マイブームで”スパイス旋風”が吹き荒れています。

スパイス・ガールズ/ Who Do You Think You Are

2018年の年末あたりから、急激に

スパイス・ガールズどハマリしている。

女性グループでいうと

KARA、清竜人25(厳密に言うと夫妻)以来の

のめり込み具合である。

 

ファンクっぽいバックトラックで歌っている

女性ボーカルグループを探していたのが、

ピタッとハマったのである。

 

『Wannabe』あたりの有名どころの曲は薄っすらとは知っていたけど、

掘れば掘るほどあ〜こういう曲が聴きたかった!」という

ナンバーが目白押しである。

 

【Never Give Up On The Good Times】

 

【Something Kinda Funny】

 

「スパイス・ガールズ」6年ぶりに再結成

ライブ映像をYouTubeでいくつかみると

生バンドで演奏されていたので、ますます惹かれた訳である。

今回の再結成UKツアーの模様だが

日本でもいつかライブやってくれないだろうか…。

 

 

BananaLemon/LOOK AT ME, LOOK AT ME

スパイス・ガールズに続いて、日本の女性グループ『BananaLemon』を挙げます。

歌・ダンス共に非常に高次元で、トラックもクールで格好良い。

海外でも支持されそうな、パワフルなパフォーマンスです。

 

kolme/Tie me down

『kolme』は『BananaLemon』と同じく日本の3人組女性グループ。

作詞作曲・振り付けなどメンバーが手がける「完全セルフプロデュース型」のユニットとのこと。

アレンジがピアノをフューチャーしたちょっとジャジーな感じで

流行りとは一線を画すサウンドメイクです。

 

Red Velvet/ #Cookie Jar

韓国の女性グループで最近気になるのが『Red Velvet』です。

『東方神起』『少女時代』など擁するSMエンターテイメント所属なので

『Twice』に対抗すべく、日本でも更にプッシュされそうな予感がします。

 

Halo at 四畳半/悲しみもいつかは

女性グループが続いたので、日本の男性バンド『Halo at 四畳半』もご紹介。

TVドラマ『江戸前の旬』の主題歌でしたが、せつなさを有したエモーショナルな楽曲。

ボーカルの抜け感が心地よく、バンドアンサンブルに一体感があります。

 

アンダーソン・パーク ケンドリック・ラマー/ Tints

ケンドリック・ラマーをフューチャーしたアンダーソン・パークのこの曲、

何度もリピートしている。非常に中毒性があります。

メロディックラップナンバーが好みなのです。

コード進行もフックが効いており、バックトラックも最高にイカしてますが

特にベースの音色・ラインがツボです。

 

 

Axwell Λ Ingrosso/More Than You Know

アクスウェルとセバスチャン・イングロッソのDJデュオ。

イントロのギターはニルバーナの『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』を思わせるモチーフで

ニヤリとさせられますが、サビ頭で非常にキャッチーなライン

クラブやフェスでかかったら爆上げでしょう。

この曲は2017年と少し前のリリースですが、新譜が楽しみなDJユニットです。

 


 

2019年もSpotifyなどを使って、古今東西・色んな楽曲をリサーチして

記事をアップしていく所存であります。

T.HASE 拝。

 

 - 音楽, コラム_T.HASE