ダルビッシュ選手のトレーニング映像をチェック。からの、”広告宣伝のライザップ”の必要性。

      2017/02/28

ダルビッシュ選手はご自身の取り入れている

トレーニング方法食事の摂り方などを

積極的に情報発信されています。

現役のトップアスリートが日々どういった

鍛錬を積んでいるのかは、門外漢でも気になるところなので

学生さんを含めて若いスポーツ選手の皆さんには

非常に参考となるのではないでしょうか。

ダルビッシュ選手のロジカルな思考、

そしてストイックな姿勢については

私にとって勉強・刺激になることが多いです。

 

映像ではイチロー選手が行っている

『初動負荷』トレーニングの様子をピックアップしています。

身体を動かすことにおいて

股関節の柔らかさが非常に重要だというのは伝わるのですが

私のような柔軟性のまったく無い人間では

こんなゴッツい機械を動かすことはまずできないでしょう

まさに『初動不可状態です。

ストレッチ体操も効果が見られず休止しております…。

 

 

さて、ライザップに英語のサービスまで出来たことを

Facebook広告で知りました。ゴルフも然りですが、

ライザップの横への事業展開力は凄いですね。

かなり高額なのですが、受講される気持ちも理解できます。

一定期間しっかりとスパルタな講師のもとで

適切なアドバイスを受けることで、

結果にコミットできるなら費用感は二の次。

むしろコストがプレッシャーとなり

いやが上にも自身を追い込んでいける

 

私のストレッチ体操も、誰に見られることもなく

状態が改善しているのか否か手探りの状態で

我慢強く毎日のトレーニングを続けていくのは、非常に困難を伴いました。

果たして、が、れました。

 

人は怠惰な方向に流されやすい。強い縛りの必要性を感じました。

 

そして、自身の携わっている仕事にも思いを馳せたのです。

広告宣伝の業界にも

結果にコミットする”ライザップのような装置” が

必要なのではないか、と。

 

広告宣伝は、売上が好調な際はついおろそかにしがちです。

しかし、PR力=筋力 みたいなもので

日々の研鑽が必要ですし、さぼると一気に能力は落ちます。

そして、ここ近年は特に顕著ですが

情報が氾濫している世において

PR力(=筋力)をお金で簡単に買うことが難しくなっています。

ステロイドで増強する≒広告枠(ペイドメディア)を買えば

地力が付いてそれですべての問題が解決するか、といえば

疑問を抱かざるをえません。即物的な結果は短期的に見られるかと思いますが…。

認知はとれますが、人気が取れるかはまた別の問題な訳です。

 

私も非常に苦痛を伴いながら、そしてサボりたい誘惑にかられながら

なんとか4ヶ月超ほどブログ記事の更新を続けて、

ようやく毎日必ず情報の発信をしないと気持ち悪くなる

トレーニング・ハイのような状態に至りました。

 

自社のウェブサイトがスマホ対応になっておらず

広告宣伝という名の筋トレを放置してしまっている

会社さんは多いです。そして勿体無いなぁと思うわけです。

気になったサービスは、スマホで確認しますからね。

そして、深掘りしたい時に改めてパソコンでチェックする。

ちょっとしたことですが、

広告(広く告げるという行為)に対する取り組み方が見えるポイントです。

 

調子が良い時はさして気にならないことも、

気づいたら時既に遅し、とならないよう

日々、広告宣伝という名の筋トレ

より研鑽を積んでいく所存です。

 

T.HASE拝。

 - スポーツ, 仕事論, コラム_T.HASE