[会話]マネージメントについて考えたら、 平野啓一郎著『私とは何か』に行き着いた。

      2017/04/06

私は、会う人や局面によってかなり意識的に

キャラクターや話しの仕方を変えている

器用という訳では決して無く、その方がだからである。

まったく冗談一つ言わないこともあれば、

ふざけたことしか発さないコミュニティも在る。

どちから一方の姿を取り繕っている・クールを装っているという訳では決してない。

 

人と会話する時は事前に話を組み立てていることが多い。

勿論予定通りに行かないことは多々あるが、後手に回るのは非常に不安だ。

仕事の関係者のみならず、友人や知人との会合の場合でも

その人のことを2〜3つ調べて(SNSなど)のぞむ。

待ち合わせになるべく早めに行くようにしているのは

場の雰囲気を把握してシュミレーションする為でもある。

 

ファーストコンタクトを重要視しており

会話が流暢に進むよう、ある程度決め打ちした

質問内容をいくつか投げかけて、その後の流れが淀まないように心がけている。

ものすごく久方ぶりに会った人に対して

どう接してよいか戸惑った挙句、出だしでペースが乱れ

是正するのに困ったケースがあり、ある程度の準備は必要だと改めて感じた。

ちなみに、出会い頭の立ち振舞については

高田純次師匠から学ぶべきことが多い。

冒頭にギャグ連発して一気にエンジンをかけて場を暖める。

いい雰囲気が醸成された頃は、既にご自身はガス欠状態。

最初の印象がいつまでも続くので理には適っているのである。

 

基本的に、人の話を聞くのが好きなタイプである。

知識・知見を得たほうが身になり、興味も在るのでどんどん質問していく。

(逆に、自分の事を話すのは非常に苦手だったりする。)

サッカープレーヤーのタイプでいえばパサーであり、

目指すべきは会話のゲームメーカーである(自分は動かずに楽をしたい)。

 

人により態度を変容させたり、自分自身が変化し続けていることに関しては

平野啓一郎氏が述べられている「分人思想」をもって捉えれば非常にシックリする。

著作の中でのエピソードで、平野氏が大学生の頃

高校の頃の同窓生と、大学の友達と一緒に飲んで

ばつが悪い思いをした、というのはうなずける。

コミュニティのクロスオーバーにより

変な汗が出たことをを思い出した。

 

よって、『おまえは変わったよ』と言われるのは

まったくもって当たり前の話であり

平野氏の言を借りると、分人の比率が日々違うのでもっともなのである。

 

 

T.HASE拝。

 - 本・マンガ, コラム_T.HASE