【箱根駅伝 青学大4連覇】とは幸先の良い2018年のスタート!

   

【箱根駅伝】青学大、史上6校目総合4連覇 下馬評3強争いも復路逆転圧勝

おめでとうございます!!(卒業生より)

私が学生の頃、箱根駅伝で連覇する面影は微塵もありませんでした。

よくここまで強豪校になったなぁと感心しております。

同じ年代の野球部に小久保選手・井口選手が在籍されておりました。

当時は東都大学野球に関心を示さず

まったく応援に行ったことはありませんでしたが、

歳を重ねると愛校精神も育まれていくものです。

 

父親が箱根駅伝を好きでテレビでよく見ていて

早稲田を応援しておりました。

その影響でなんとなく早稲田を受験しようと思ったのであります。

関西人にもちゃんとリーチできている

箱根駅伝による宣伝効果は確かなものがあります。

 

早稲田は不合格だったのですが、

実家(兵庫県)を出てみたかったこともあり、青学に入学しました。

合格できたのは少し理由があります。

早稲田の政経学部と青学の国際政経学部の

受験日が同日だった為、もしかしたら受かりやすいのではないかと考えて

青学について国際経済学科のみ受験したのであります。

高校3年生の頃が、一番戦略的に思考できていたかもしれません。

受験勉強法についての記事がこちら⇒英語が喋れないのは受験勉強の弊害である(という言い訳)。

大学に入ると自堕落な生活に陥ってしまった訳ですが…。

 

因みに、受験生の皆さまへ

青学はオススメであります。

多少、へんてこなキャリアを歩もうと考えても

学歴が足枷になることはありません

例えば、自分がもし慶応に出ていたら妙なプライドが邪魔をして、

まず今のような生き方は選択できなかったに違いありません。

 

ひとつ注意したいのは

渋谷にある青学に入れば誰もがスタイリッシュで

イケている学生になれるということではない、ということです。

T.HASE拝。

 - スポーツ, コラム_T.HASE